ウェビナー登録

 
 

Patient Specific Motion の臨床応用
 

Jul 16, 2020 01:00 PM Osaka, Sapporo, Tokyo

対象:デジタル歯科医療に関心のある歯科医療従事者の方
   (※競合他社の方のご登録はご遠慮ください。)

今回は、TRIOS 3に付属されているアプリである『Patient Specific Motion』を補綴物作製や咬合状態の分析へ応用した症例をご紹介したいと思います。
 今までは、咬合器へ石膏模型を付着した静止状態のみを用いて補綴物製作が行われてきましたが、デジタルで動的な顎運動を補綴物製作時に取り入れることでプロビジョナルレストレーションの役割を最終補綴物へ精度高く移行することが容易になりました。また、まだ参考的な症例ではありますが、患者の生理的な顎運動をリアルに立体的に再現することも可能になってきています。まだ臨床応用として不十分な部分も多々あると思いますが可能性を含めてデジタル歯科治療の将来展望としてお話ししたいと思います。

 
 
*
 
 
 
*
 
 
 
Emailアドレス*
 
 
 
電話番号*
 
 
 
*
 
 
 
州/都道府県*
 
 
 
勤務先(開業先)の業態*
 
 
 
その他
 
 
 
役職*
 
 
 
その他
 
 
 
専門
 
 
 
その他
 
 
 
 
 
 
デジタルCAD/CAM製品をお持ちですか?*
 
はい
いいえ
 
 
今後1年以内にデジタルCAD/CAM製品の購入を検討していますか?
 
 
 
 

どの製品に興味をお持ちですか?

 
 
GDPR Consent*
 
 
 
口腔内スキャナー/TRIOS
 
 
 
技工用スキャナー/Eスキャナー
 
 
 
3Shape ソフトウェア
 
 
 
その他
 
 
 
その他
 
 
 
 

最も関心のある歯科領域はどちらになりますか?

 
 
Marketing Consent*
 
 
 
保存/修復
 
 
 
矯正
 
 
 
インプラント
 
 
 
患者とのコミュニケーション/Smile Design
 
 
 
その他
 
 
 
その他
 
 
 
 
 
Source Campaign
 
 
UTMSource